• このエントリーをはてなブックマークに追加

佳子さまキラキララメ入りスカートでさりげなく自己主張される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

kakosama-akiba-foram-02

すこし顔の肉つきがよくなられましたでしょうか?

12月にしては、ふわっとした陽気だった12日の土曜日。東京・秋葉原で開かれた『情報アクセシビリティ・フォーラム2015』にご出席の秋篠宮妃紀子さま(49)に、次女の佳子さまが同行された。

kakosama-akiba-foram-01

聴覚障がい者が、生活を送るうえで必要な情報への「アクセス」がしやすい社会を目指すこの催しに、佳子さまがお姿を現すと会場はとても柔らかい雰囲気に……。

お母さまとそろえた紺のジャケットに、ブルーのインナーと同色のチェック柄のスカートというファッションだった佳子さま。

しかし、現役の「女子大生」とあって、インナーとスカートにはキラキラのラメが施されて、さりげなく“自己主張”もされているようだった。

kakosama-akiba-foram-03

いつ見ても可愛いですね♪

スポンサーリンク
ad

佳子さまはICU入学以来学業多忙でご遅刻される。

当初、紀子さまと佳子さまがお出ましになる予定だったが、午前9時20分に到着された紀子さまの隣に佳子さま のお姿はなかった。

「最近お出ましの機会が減っていらっしゃる佳子さまのお姿を拝見できる、と思って待っていたんですが…。急にご体調でも崩されたのではないかと、心配になってしまいました」(皇室ファン)

佳子さまが姿を見せられたのは、それからおよそ20分後のことだった。

「こういったお出ましにはご一緒にいらっしゃるのが通常で、別々に到着されるのはかなり珍しいことです。そういえば、佳子さまのヘアスタイルは心なしか、いつもより毛先のカールが甘めで、目の周囲も少し腫れぼったい感じでしたね。

ICU(国際基督教大学)へのご入学以降、学業に多忙な日々を過ごされている佳子さまですが、もしかしたら前夜も遅くまで教科書と格闘されていたのかも しれません。皇族方が暮らす赤坂御用地で、今いちばん遅くまで明かりが灯っているのは佳子さまの部屋だといわれているくらいですから」(皇室記者)

その後、紀子さまとともに式典に臨席された佳子さまは、手話言語に関する展示などをご覧になり、ご一緒に帰路につかれた。同じ日の午後、今月2日から中米のエルサルバドルとホンジュラスを公式訪問されていた眞子さまが帰国された。

「深いブルーのスーツに身を包まれた眞子さまは、長旅のお疲れも見せずに堂々と報道陣の前にお出ましになりました。眞子さまは現地の大学や博物館をはじ め、古代マヤ文明の遺跡などを視察されました。治安面などに不安がある中でしたが、初の海外単独訪問をつつがなく全うされました」(前出・皇室記者)

成年皇族としての務めをしっかりと果たされ、皇室の未来を担う存在の眞子さまと佳子さまに、国民の関心も多く寄せられている。

「子供たちの公的な活動の報道が、その分野の大事な事柄に対して理解を深めていただく機会になればと思っております」

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加