• このエントリーをはてなブックマークに追加

可憐なるプリンセス佳子さまが美しすぎる!我らの女子大生プリンセス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

kaco_cov_fix.ai

今春(2015年4月)、ICU(国際基督教大学)に入学されたことで大きな話題を集めた秋篠宮(あきしののみや)家の次女・佳子 (かこ)さま。才色兼備の女性皇族として、とりわけ注目を集めるようになった佳子さまの魅力を伝える1冊が、秋篠宮ご夫婦ご結婚25周年特別出版『可憐な るプリンセス 佳子さま』(主婦と生活社 刊)です。

スポンサーリンク
ad

佳子さまの魅力

秋篠宮佳子さまは、1994年(平成6年)12月29日生まれ。そのお名前は、「健康であるとともに素直で思いやりがあり、心身とも佳(よ)い子に育って欲しい」という願いから命名されました。

学習院初等科の頃から始めたフィギュアスケートは、大会で優勝するほどの 腕前を持つ佳子さま。2013年に学習院女子高等科を卒業されると、同年4月、学習院大学文学部教育学科へ入学さましたが、翌2014年8月に中退。そし て、2015年4月に、国際基督教大学教養学部アーツ・サイエンス学科へ入学されました。

そんな佳子さまがご成人され、アイドル的な人気で多くの注目を集めるようになった理由は、なんといってもその気品とともに、親しみやすさのある可憐な容姿にあるのではないでしょうか。

karen-kako02

佳子さまの生き方

一般人にとってそれは、物語のなかの存在であり、叶わない夢にすぎません。けれど、正真正銘のプリンセスである佳子さまにとっては、まぎれもない現実であり、ご自身の生き方そのもの。

本作に収録された“ファッションSNAP”では、巷の“姫系スタイル”と は一線を画す、佳子さまにしかできない本物のクラシカルなプリンセス・スタイルをはじめ、上品さが際立つ入学式スタイルや、清楚な制服姿が輝く完璧なJK スタイル、そして、エレガントなスーツ姿から、家族でお揃いのリラックスした私服スタイルまで、佳子さまの“プリンセス”としての姿が、幅広く集められて います。

そうした写真の数々からは、20歳の若者でありながらも、“プリンセス”という宿命を背負ったひとりの女性の様々な想いが伝わってくるようにも感じられます。

2006年9月6日には、秋篠宮家に第3子となる悠仁(ひさひと)さまが ご誕生され、姉・眞子(まこ)さまと佳子さまにとって、年の離れたその弟・悠仁さまは、かけがえのない存在になったことでしょう。そして同時にそれは、皇 位継承順位として現在3番目にあたる、将来天皇になるかもしれない弟を持ったということでもあるのです。

宮家では、「ゆうちゃん」とニックネームで呼ばれているという悠仁さま。 佳子さまは、一緒に本を読んだり、鬼ごっこや縄跳び、サイクリングを楽しまれているということですが、そういった時間の積み重ねは、佳子さまご自身にとっ ても、将来“天皇の姉”になるかもしれないことへの自覚を育んでいく時間なのだといえるかもしれません。

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加